コミュニケーション、会話に悩んだり、これに興味をもつ方へ。

「何を言うか」「どううまく伝えるか」が決め手になる。そう思いますよね。
わかります。
けれど、カウンセラーである私(代表)が、ふだん、「何を言うか」以上に考えているのは、
「何を言わないか」です。

カウンセリングや、
カウンセラーでなくても、
みなさんが意識している「どう伝えるか」「話し方」「コミュニケーションスキル」。
この中の繊細で重要な技術について、今日はお話しますね。

この記事を読んでもらいのは、たとえばこんな方

●カウンセリング、カウンセラーに興味がある方
●コミュニケーション、会話に悩む、苦手だと感じる方

内気な方・繊細な方
●親子のコミュニケーションを見直したい方

●コミュニケーションスキルに興味がある方、向上させたい方
●カウンセリングや相談支援に料金を支払うのは楽ではないが、
公的支援以外の民間カウンセリング・相談を希望する方
日本語、日本文化の奥深さに興味がある方

1「言わない」こと、「言えない」こと。
使うべきことばとは「違うことばで言う」とき

代表・後藤敦子の近況 ごあいさつ

みなさんへ  9月に誕生日を迎えました。
理解できない年齢… になりましたが、
最近の「すっかり変わった」うれしいことは、「お化粧が要らなくなった」。
仕事などで、お化粧をするときはありますが、とても楽になりましたね。

兼務の仕事

公のご職場で、カウンセリングを担当させていただいています。
すばらしい、大切な仕事、責務だなと。
たのしさ、面白さ、やりがい、難易度の高さ。
もっと向上させたいし、その余地がみえる。

「カウンセラーはきらいな天職」「天職を考える」ブログを書きます)=はい。
きらい、というわけではないんですけどね。
きらい、というわけではない。すると、これはどういう意味なんでしょう。
不登校、ひきこもり、苦手に悩むこども・おとなのカウンセリング、相談支援を行うカウンセラー、キャリアコンサルタントの後藤敦子がお客様から頂いたお花

2「言わない範囲」「教えない範囲」こそを大切にする

カウンセリング・相談支援、教える仕事。
「どれだけのことをことばにするか」「今日は、どの範囲を教えるか」。

これはもちろん「表」となりますが、

あなたがどれだけ、「表」とはならない「その他、すべてのもの」を持っているか。  

「表」の部分で精一杯 =相談助言できる範囲、今日、教える範囲の用意で精一杯にならないこと。

「今日、何を言わないか」「何を教えないか」。
「ご本人の負担を考えて、言わない/教えないことがある」。

その判断は、たえず必要ですよね。
ただ、今日のテーマから、私が投げかけたい問題は、

カウンセラー
教える人間が、
「カウンセリング」「何を、なんのために教えるのか」の思考、感受性を、どれだけ伸ばせているか。
ここにどれだけの素養や教養があるか。
このことです。
(→難しいですよね。また別記事にて。)

あなたの「表」とならない部分が、あなたの「深み」「影」になる


というわけで、
私が「みえないところで」大切にしているのは、むしろ

「どれだけのことを言わないか」「どれだけのことを、教えないか」です。

コミュニケーション。
私には「どういう意味か、悩む用語」なんです。
わからないわけではないのですが、私はあまり英語やカタカナ語を使いません。
英語だと言い表せないことが、日本語なら、心にそった繊細なことばで到達できるので。

ともかく、コミュニケーションに悩む方。
「言えなかったことばかりだ」「また、うまく伝えられなかった」と、
会話に苦手意識をもつ方。
とても多いですよね。

コミュニケーションがうまい、必要十分に(かな?)伝えられることは、
とくに外でのやりとり、仕事では、大切な能力だと思えますよね。

器用でない会話は、心を打つ

けれど、外でのマナーを保った会話や、仕事での話し方を、まず一旦、置いてください。

ドラマや映画、小説、そして実際の人との出会い
では、
「言えなかったこと」「言わずに去ったこと」が、あなたの心に残りますよね。

そう。「言えなかった」「うまく伝えるなんて、できそうにない」人に出会うと、
あなたは心が動きませんか。器用なんかじゃないことに。

そして、「さらさらと器用に、滞り(とどこおり)なく話せる、伝えられる」ことが、
それだけが、そんなにすばらしいことだろうか。
そんな思いが、心をかすめるかもしれません。

「うまく言えない」不器用なだれかが、
自分や世の中の「あたりまえ」「ふつう」に、
「何か、言うことができない何か」を感じさせてくれるとき

自分や世の中の「あたりまえ」「ふつう」に、何か、何か「言うことができないもの」を感じさせてくれるなら。
生きていること、人とのあいだは、実に奥深いとしか、言いようがありません

3人とのあいだ、人間は、「ことば」「器用さ」から「はみ出た余剰」(余分、残り)に満ちている。ここに心を傾ける

「言わなかった、言えなかったこと」「余剰」(余り、残り)がある。このすばらしさ。

「枠の中におさまる」会話では、意外なものも、「ドン引き」するものも出ません。
察してもらえますよね、「枠の中におさまる人間」などいないこと。

人とのあいだ、関係とかいうものを、「自分はほんとに、わかってるのだろうか」。
この後半部分。「自分はほんとに、わかってるのだろうか」。

これをいつも意識する必要は、まったくありません。
けれどこれが、標準的とされる会話マナーの「外」にある、
「もっと大切なこと」
なんですね。

余剰、「言わない、言えないこと」を作れるコミュニケーション、会話は、深い。
その方の「実力」
ですね。
ここに心を傾けてください。

「余剰を感じる力」、「実益」社会で失ってきた「感受性」をとりもどす

コミュニケーションや会話についての世界観が変わると思います。

4人間がことばで「本当のことを話せない」というパラドックス

言うべきことと「違うこと」を言う/「違うことば」で言う

先に私は、「カウンセラーはきらいな天職」、
「きらい、というわけではないんですけどね」。
そう書きましたよね。

これはちょっと高度なスキル、いえスキルではないのです。
人間がことばで「本当のことを話せない」というパラドックス
です。

フロイトの精神分析学につなげて考えたい「本当のことが話せないパラドックス」

「言いたいことと、違うことを言ってしまった」。
大事なときにかぎって、
「何を言ってるんだ、自分は…」。
こういうことはありませんか。

それから、「言いたいことはあったのに、まったく違うことばになった」。
相手に気をつかって、波風の立たない表現、やさしいことばに変える場合はありますが、
もっと根本的な「ことばの不自由さ」。
「言うとすれば、違うことばにするしかない」。そんなときのこと。

本当に感じている、思っていることを、私たちは「言える」のか

本当に感じている、思っていることを、私たちは言えるのでしょうか。
たとえば、「こどもに愛情がある」だとか

参考記事

当サイトの過去の記事から:

子どもの不登校は、「(お母さんの)愛情不足ですね」といった助言が、教育機関で平気でなされている実情。
「愛情不足」とは、どこからもらってきた受け売りの言葉なのか。
言っているあなたは、だれなのか。

#コミュニケーション #コミュニケーションスキル #コミュニケーションが苦手 #会話が苦手 #伝える力 #カウンセリングスキル #不器用のすばらしさ マナーが守れない# #人間関係 #主張できない #学びの場をひらくエーミール #後藤敦子 #フロイト #精神分析学 #愛情

おすすめの記事