後藤 敦子
後藤敦子
幼少より、周囲と「考えていること」が合わず、孤独であった。高校で学校から離れ、不登校、のち復学。ことばや数字の理解が独特だったが、学力評価は群をぬく。高校から働く苦学生が続く一方で、京大在学時の20歳から、黎明期の福祉介護現場に携わる。京都大学で、多くの教授・名誉教授に能力を見いだされるが、経済事情で研究者の道を選べず、教育学部卒業。教授たちの強い勧めがあり、大学院に戻り、心の病理の研究で阪大大学院修士課程修了。2002年、不登校・ひきこもりの青少年の支援を始める。福祉介護職、在野の研究者をへて、2011年より、非営利団体ユニークネス代表。現在は、異色の経歴で築いた広範な専門性と強靭な思考力で事業展開。国家資格キャリアコンサルタントほか。
後藤敦子の記事一覧
なにかの「外」に出なければ、「抜きんでる」ことはできない
「苦手」「向かない」ことに、どれだけゆたかな意味があるか —エーミールの教育
「不登校」になにかを感じてくださる方へ
開校にあたって
代表者プロフィール